私のFX手法 - 成長株投資とロシア妻との日々
FC2ブログ

私のFX手法 

このブログを読んでくださっている方々は、株式投資やロシア美女に興味がお有りで、
FXにはあまり関心をお持ちではないのかなと思っておりますが、現在私が実施して
いるFXの投資手法の概略を少し記載しますので、お暇な時にでも読んでみてください。
一番重要な点として、この手法の結果はどうなのか?という点ですが、いまのところ
この1週間は負け無しの状況ですので、さらに高勝率が続けば、月別実績等の公開
もしていきたいと考えております。(ただまだ5万円程度の少額資金です。)

私のFX手法概略:

条件:使っているFX会社:XM Trading (倍率880倍までOK、実際は100倍程度で運用)
   使っているチャート:MT4 (ロシアの企業が開発したもの、非常に便利、ロシア人はすごい!)   
使っているチャート足:15分足をベースにMulti Time Frame ( 1時間足、4時間足)               を一つのチャートに同時表示(これ便利)
   使っているIndicator: Multi Time Frame, Bolinger Band ( 2σ+20, 1σ+360)
                                        ZigZag, SR Zones, Perfect Order Sign, 等   
売買対象の通貨ペア:主要8通貨

1.トレンドの判断   
1週間程度の通貨ペアのトレンドを見ることを第一とし(Bolinger Band 1σ+360で判断)、   
トレンドの発生している通貨ペアを選定する。

⚪️下記のチャートは15分足チャートを1週間分表示したもので、
上昇トレンドから現在は下落トレンドへ転換

 トレンドの判断


2.売買   
上記のチャートを大きく拡大し、下落トレンドにあるこの通貨ペアを売買対象とし、   
このチャートに下落のPerfect Orderが最近発生しているかどうかを確認し、
発生している場合に絞り、このチャートが押し目で戻った時点で、売りを仕掛ける。
   
実際のショート売買時点


3. 損・利確   
最近の高値・安値時点付近で利確、もしくは投資資金の5%利益時点。   
損切りーFXではこれをすることが非常に重要、どんなテクニカル指標も       
100%の勝率はありえないからー 最近の高値(安値)をブレイクして       
しまった時点、もしくはMulti Time Frameの4時間足、Bolinger Band
1σ+360で、+1σ(-1σ)をブレイクしてしまった場合。

こんなところですが、どうでしょうか? 成長株投資+FX の両方で
成功を得たいものです。

スポンサーサイト



Posted on 2020/01/06 Mon. 19:21 [edit]

コメント記入: 2
TB: --

top △

« 寄らずのストップ高法則  |  着せ替えに夢中な今日この頃 »

コメント

ちゃんと損切りできるテクノさんには、FXが合っているように思いますよ。

FXは損切りできない性格なので、まるでやらなくなりましたが、相場を張るというくくりでは同じなので、よく本を読んだりユーチューブ見て勉強しています。

ユーチューブ)
みつしろチャンネル
迷晴れFX
ささっちのトレード大学
永井翔の常勝FX

なんかを見ています。手法というよりも考え方を大事にして、取り入れてます。

savers19 #- | URL | 2020/01/08 07:19 * edit *

Re: タイトルなし

savers19 さんもFXに関心おありだったんですね。
損切りが重要と書きましたが、これって人間の心理の逆をいくもの
ですので、実際は難しいですよね(貴殿ご存知のとおり)。でも
世の中怪しくなってきたし(米国とイラン)、売りでも儲かる
FXで今年は少しでも挽回したいなと思ってます。実はこの1週間
FXで負け無しなのは、すべて売りの結果なんですね、売りの方が
なんかストーンと為替が落ちやすいというか、そんな感じです。

テクノファンダ #- | URL | 2020/01/08 19:01 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2020-04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30