乱高下激しい今年 - 成長株投資とロシア妻との日々
FC2ブログ

乱高下激しい今年 

本日はほぼ全面高となり、買い方の皆さんの持ち株も多いに上昇したのでは
ないでしょうか。私もタイミング良く前日にダブルインバースを売却済み(利確)
で、売り玉は全くない状況で今朝を迎え、そのまま持ち株が暴騰という結果で
引けました。4592 サンバイオが8%程度上昇して引けましたので、現在の総資産額が
ちょうど昨年12月末と同レベルまで復活しております。何とか、前年比プラスで今年
は終わらせたいのですが、現在、米国ダウ先物が大きく下落中であり、明日大納会の
日経がどうなるか分かりません。
スポンサーサイト



Posted on 2018/12/28 Fri. 00:40 [edit]

コメント記入: 4
TB: --

top △

« 今年の結果 - 日経平均インデックスよりはマシか?  |  孤高の 3195 ジェネレーションパス »

コメント

いやー、今年は勉強させられる年でしたね。
配当なんかを入れると確定利益プラス2千万だったのが、ほぼ吐き出してしまいました。まあゆっくり投資だから、マイナス2千万の含み損を抱えてるという意味ですが。税金2割すでにとられ済みだから、実際は足が出てるねえ。

テクノさんの紹介していたマーク・ミネルヴィニの本も好きなんですが、最近出たcisさんの本もいいですよ。どう考えて動くか?確率、期待値みたいな勝つための考え方やそれを築いてきた半生が書かれています。ゆっくり2日かけて最後のページまで立ち読みした後、そのままレジに持っていきました。

内田ひろしさんも含め、勝っている人はみんな同じことを言っているんだけど、その考えを習得するには、繰り返し潜在意識に刷り込まないと、自分のものにならないからねえ。勝者と敗者の違いなんてごく小さいことなんだと思います。まあお互いゆっくりと、トータルで勝つを目指しましょう。


https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%8A%9B%E3%81%A7%E6%97%A5%E7%B5%8C%E5%B9%B3%E5%9D%87%E3%82%92%E5%8B%95%E3%81%8B%E3%81%9B%E3%82%8B%E7%94%B7%E3%81%AE%E6%8A%95%E8%B3%87%E5%93%B2%E5%AD%A6-cis/dp/4041069696/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1545944309&sr=1-1&keywords=cis+%E6%9C%AC

savers19 #- | URL | 2018/12/28 06:19 * edit *

Re: タイトルなし

どうも お久しぶりです。貴方がそうなら、私など今年は全くだめでしたね。
今、大納の日の取引中ですが、保有株が利益確定売りに押されてしまって
無残な状況です。昨日までは昨年末と同じ資産額でなんとかふんばってましたが、
このままでは下落ですね。ご紹介の本もこれから正月にかけてゆっくり読もうと
思っております。来年は頑張らなければと今から思っております。
お互い頑張りましょう。

テクノファンダ #- | URL | 2018/12/28 13:19 * edit *

大納会は昔は前場だけだったから、ないと思って昼寝してしまった。
私は今年は大きなマイナスですよ。17年末は含み益1千万で折り返したから、それを基準にしたら、マイナス1千万が18年の成績です。

テクノさんみたいにある程度で見切って利確も損切りも早い人が、インデックスに勝った感じですね。そしてバリュー投資家と自称している私のような、利確も損切りも粘るタイプはインデックスにさえ負けていますね。17年はバリュー投資の方に若干軍配上がったんですがねえ。

まあすべて環境認識力ですね。それをもっと鍛えないといかんねえ。

savers19 #- | URL | 2018/12/28 18:38 * edit *

Re: タイトルなし

そうですか、お互い厳しいですね。私の保有株中、4592 サンバイオだけは中期保有を
考えてます。来年の相場は米国も日本も株式市場は沈むなんて良く雑音が聞こえてくるんですが、
どうですかね? 今の自分の手法にさらに別の手法も手がけないと来年はダメかな、例えば
日経先物のスパンモデル手法でもこの正月に再研究して(昔一度トライしたんですがダメ
でした)みようと昔買った本を取り出してます。たしかあのcisさんも日経先物で大きく
儲けたと聞いたことがあります。

テクノファンダ #- | URL | 2018/12/28 23:40 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2020-06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30