日経平均先物 売買法 - 成長株投資とロシア妻との日々
FC2ブログ

日経平均先物 売買法 

本日の株取引結果ですが、昨日 保有株主力の4592 サンバイオが12%も下落して
意気消沈しておりましたら、本日そのサンバイオが10%以上も戻してくれ、かつ
3627 ネオスも11%と暴騰してくれたおかげで、今週は収支トントンと言う状況です。

米国市場がデッドクロスの状況で良くない中、それに日本市場もつられてきております
が、本日は目の覚めるような日本市場の暴騰、そろそろ日本の投資家もアルゴリズム
で高ボラで動いているにすぎない米国市場をそろそろ無視してもよろしいのではと
個人的には思い、銘柄選定を継続しております。

また、先日ブログで紹介しました日経平均先物(ミニ)の状況もいまのところ良い状況
で、資金がたまってくれば先物ミニの枚数を増やしたりしようと思います。
私の日経先物に対する売買手法を下記に披露したいと思います。今後ともこれをベース
売買継続し自分のトレードルールとして確立できればと思います。来年のリスクオフ市場に
備えたいと思います。

<私の日経平均先物 売買基準>

1.買い選定基準(売りはこの逆となります)

 1)現在の日経平均チャートが下記の2つの指標の基準に入り、かつ、
   買いを決める当日のチャートに対し、過去5日以上安値を更新してきていること。

   ボリンジャーバンドの-2αの線までチャート下落、

   かつ

   RCIが底値(-100近く)までチャート下落、

 2)ただ上記だけでは「落ちるナイフをつかむ」リスクがあるため、
   直近のチャート高値から当日のチャートの高値に線を引き、その右下がりの
   罫線の頭を上にチャートが超えた時点で、買いの判断とする。

 3)さらに、前日の米国ダウ平均のチャートも参考とする(下ひげなら最適の買い場)


2.損益確定基準(売りはこの逆)

 1)購入日含めて5日分の右肩あがりの高値更新日足ができた時点か
   ボリンジャーバンド+2α時点
 
 2)予想が外れた場合で、含み益出ていた場合は収支トントンで撤退、
   買い時点で既に予定の逆を推移し含み損の場合は、買い価格 ー ATR値
   を超えた時点で撤退 * ATR = アベレージ・トゥルー・レンジ

日経平均


保有株

<主力成長株>
6095 メトピア(急成長、PEG 0.5 大手スギ薬局と提携)
3627 ネオス(急成長、ポケトークW受託、タクシー配車アプリ等材料盛りだくさん)
3195 ジェネレーションパス(PEG 0,09, 次年度営利1,000倍)

<主力材料株>
4592 サンバイオ(世界初の脳細胞再生医療が現実へ!・10バーガー候補)

<日経平均先物ミニ:買い中>

スポンサーサイト



Posted on 2018/12/13 Thu. 01:28 [edit]

コメント記入: 0
TB: --

top △

« 3195 ジェネレーションパス ストップ高でも喜べない  |  総悲観は買い? »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2020-06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30