材料株と成長株の目標値設定 - 成長株投資とロシア妻との日々
FC2ブログ

材料株と成長株の目標値設定 

この木曜の寄り付きで購入していた 5704 JMCが本日19%と暴騰
して引けましたので、気分のいい週末を迎えることができそうです。
選定のポイントは上期上方修正、時価総額過少、3Dプリンタで医療機器
というカタリスト、最大顧客の日本電産の設備大投資からの恩恵、です。
現在の最大の保有株がこの 5704 JMC という状況です。

727-5.png

このブログでは、今年上半期に経験した結果を踏まえ、材料株と
成長株には各々で株価の目標値設定を変える必要があることが
分かりましたので、その詳細を述べたいと思います。

これまで私はカタリストのある材料株も割安成長株も目標株価は
3カ月以内で買値の2倍は必要だという視点で保有・売却してきたのですが、
今年はそのうちの材料株がどうも2倍に行く前に大口による空売りによる
大暴落があり、最終的には買値の10-20%利確で終わってしまうという
ケースが多々あり、その後その材料株のチャートは壊れてしまって復活
しないという状況でした。これを受けて、「買値の2倍は無理じゃないか?
30%程度が良いところでは?」と最近思うようになって来ました。
材料株の場合は、そのカタリストが有効に働いている限りは投資家の需要は殺到し
大口機関も加わって株価が吊り上げって行きますが、一旦そのカタリストは潰えたと
判断されると、一騎に大暴落が始まってしまいます。要するに暴騰した株価を適正と
判断する物差しが無くなって暴落してしまうのです。例えば下記のようなケース
を経験しました。

3905 データセクション(KDDIと資本提携というカタリスト)
3905.png

9271 和心(訪日外国人急増というカタリスト)
9271.png

一方、好業績に支えられた割安成長株の場合は、その業績が根拠となり
その株価が維持されファンダメンタルに収束します。そこで私は材料株と
成長株の目標値設定を分けることにしました。

1)材料株の場合(既に株価は目標株価が上回っているが、カタリストがあり
         時価総額過少で独自性のある銘柄)

  目標株価:買値の30%増 → 30%増/1カ月の銘柄を3カ月続けると資産倍増化

2)成長株の場合(好業績が継続すると見込まれ、目標株価まで相当な上昇余地があり、
         時価総額過少な銘柄)

  目標株価:買値の2倍 → これを3カ月間で達成化

例えば保有株である 5704 JMCは割安成長株として購入したもので、私の試算した目標
株価は4,000円で、ほぼ買値の倍増です。これを3カ月間で達成したいというものです。

マザーズ指数も週足3週連続陽線で終わりました。小型株の復活が今後期待
できそうです。

保有株

<主力成長株>
3627 ネオス(IoT本命・V字回復・1Qで通期経常超過)
5704 JMC(通期上方修正の可能性大・3Dプリンタというカタリスト・日本電産が顧客)

<主力材料株>
3900 クラウドワークス(AI・ブロックチェーンで三菱・大和と資本提携大材料)
4592 サンバイオ(日本初のブロックバスター期待・10バーガー候補)
4388 エーアイ(IPO銘柄・文字通りAIという材料性)
4588 オンコリスバイオ(手術不要・化学療法不適応の食道がん臨床結果好調)

スポンサーサイト

Posted on 2018/07/28 Sat. 00:03 [edit]

コメント記入: 0
TB: --

top △

« ロシア妻とのバケーション準備完了  |  漸く新興株の出番が回ってきたかな »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2018-10