2018年12月18日 - 成長株投資とロシア妻との日々
FC2ブログ

3195 ジェネレーションパス ストップ高でも喜べない 

本日の取引結果は、保有株の 3195 ジェネレーションパスがストップ高で
引けましたので、喜びたいところではありますが、いかんせん最大の保有株
の 4592 サンバイオが5%も下落してしまいましたので、総資産額は減少です。

3195 ジェネレーションパス
3195 ジェネレーションパス

このところ市場筋やアナリストの口から出て来る言葉の多くが、「株より債権投資」
ということで、債権の方がリスク低く、確実性があるということですが、
株式投資に対する市場の総悲観はいつまでつづくことやら。

あと、本日の夕刻の日経電子版で面白い記事が出てました。
崩れる中小型株にも勝機  持たれざる銘柄、上昇力強く
という記事のなかで、下記の記載があります。

==

日本の中小型株相場にも逆風が吹き荒れた2018年。関連指数が昨年末から軒並み
下げる一方、株価が2倍以上になった銘柄もある。上昇の目立つ銘柄は成長性への
期待が高いだけではない。共通するのは少数の投資信託しか保有していないという点だ。
相場全体を押し上げてきた過剰流動性が薄まり、「持たれざる有望株」に勝機を
見いだそうとする動きが出ている。

==

どうも今年は投資信託の成績が悪かったため、投資信託の終了が多くなったため、
それに合わせて投資信託に組み込まれていた中小株の株価も下落してしまったという
ものです。これまでの大手機関が参入してきた中小株は今後株価が上昇するという
定説の逆の現象が起こっているということのようです。

このような現象はこれまで聞いたことが無いと思うのですが、いかがでしょうか?
来年も難しい相場が続きそうですね。

スポンサーサイト



Posted on 2018/12/18 Tue. 00:32 [edit]

コメント記入: 0
TB: --

top △

2018-12