2015年05月 - 成長株投資とロシア妻との日々

6月に狙う成長株候補 

5月も終わり6月に入ります。5月は全くといって良い結果がありませんでした。
とくに7148 FPGの2度に渡る暴落のおかげで資産が目減りしてしまいました。
まだ幾分か保有株をキープしておりますが、チャートを見るとWボトムを形成しており、
そろそろ上昇への転換点となったのかもしれません。また、成長株候補として保有している
6866 日置電機の動きが良くありません。下がるでもなく、上がるでもなく、の状況で、
4月中旬の決算から1ヶ月半経過しました。投資効率の観点からこの銘柄は諦めて来週売却
しようと思っております。

7148 FPG
7148 FPG

6866 日置電機
6866 日置電機

6月は5月の失敗を挽回すべく、成長株候補の選定をこの週末に実施しました。その結果、
下記の銘柄を6月に購入検討していこうと思います。選定理由等は別途購入した時点で
ご報告していきます。

9957 バイテック
3553 共和レザー
6150 タケダ機械
4992 北興化学
6920 レーザーテック


スポンサーサイト

Posted on 2015/05/31 Sun. 19:31 [edit]

コメント記入: 0
TB: --

top △

3194 キリン堂HD さらに続伸 

本日は、保有株の7148 FPGの暴落に驚きましたね。日経新聞の記事が原因だったようですが、
同社の業績には全く関係の無いものと判断して継続保有しております。

私の主要保有株として最近購入した3194 キリン堂HDがさらに続伸しました。もう一つの
成長株候補とみております6866 日置電機については動きが鈍いですが、少しづつ上昇しており
今後に期待です。

3194 キリン堂HD
3194 キリン堂HD

6866 日置電機
6866 日置電機



Posted on 2015/05/26 Tue. 22:17 [edit]

コメント記入: 0
TB: --

top △

3194 キリン堂HD続伸 

昨日は、新たに成長株として投資した3194 キリン堂HDが約9%と大きく続伸
しました。材料としては、4月4日に大阪ミナミ心斎橋の人気商業施設
「心斎橋OPA 本館」内での日本最大級の訪日旅客専門フロア「OSAKA
TOURIST INFORMATION CENTER」に、同社初となる
インバウンド対応の都心店舗をオープン。また、三菱ケミカルホールディングス
<4188>傘下でヘルスケア関連事業を展開する生命科学インスティテュートグループ
の健康ライフコンパスと提携し、「じぶんからだクラブ」のサービスを5月下旬
より約330店舗(一部店舗除く)で順次導入を進めている。これにより店頭で
生活習慣病に関連する13の検査項目のセルフチェックが可能になり、新たな
取り組みによる効果が期待される、との事。 
私はこの材料と競合他社に比し時価総額が過小評価されているという点がポイントと
思ってます。

また購入時点としてジェシ~スタイン理論であるマジックラインの10日移動平均線
まで下落し、その過程で出来高が減少していたというポイントをマークしていました。
本日の結果により上場来新高値(終値ベース)をとってきたので、今後が楽しみです。

3194 キリン堂HD

Posted on 2015/05/23 Sat. 07:19 [edit]

コメント記入: 0
TB: --

top △

ロシア美女妻の夏のドレス 

日本は5月なのに暑いですね。もう夏の様相です。ロシアはようやく春めいてきた
感じですね。夏にロシアの街中を歩いているとロシア女性の輝くようなその美しさに
ウットリと見とれます。また彼女らの服装のセンスが男性好みのもので、ハイヒールに
ボデイコンっていうスタイルですね。

私のロシア妻にも夏は家だけはなく、街でもハイヒール+セクシーボデイコンを着てもらって
闊歩してもらおうと思ってます。そのために今回、次のボデイコンドレスを注文しました。
この写真や動画のモデルが175cm 50kg, B 88cm W 58cm H 88cm ということなので、
私のロシア妻とほぼ同じ体型で、スレンダーだけどオッパイボインなので、似合うと思います。
日本の街中でこのドレスだとちょっと目立ちそうですね。

Front Ruched Dress
[広告] VPS


Plunge Cross Over Dress
[広告] VPS





Posted on 2015/05/20 Wed. 23:24 [edit]

コメント記入: 1
TB: --

top △

6866 日置電機と3194 キリン堂 

本日、新規に6866 日置電機と3194 キリン堂を購入しました。

6866 日置電機

同銘柄については、先般の決算後のストップ高を経て、横横で推移しております。同社は新製品の投入数の
数とそのスピードが速いことで評価しました。オニールのいうベースから2週間以内で20%以上の株価上昇
中という点で、これから2ヶ月程度は保有という状況になります。

6866 日置電機

3194 キリン堂HD

同銘柄については、新高値を先日取り、一旦10日移動平均線まで下落し、出来高を減らして反転しつつ
あったので購入しました。同銘柄はドラッグストアーで中国人観光客の爆買の対象業界でありインバンド
銘柄の最有力業界と思っております。そのなかでも同社の経常利益率や売り上げと他のドラッグストアー
の時価総額を比較すると、同社銘柄はまだ過小評価されていると考え、本銘柄を選択。

3194 キリン堂

保有株

7148 FPG
6648 かわでん
7408 ジャムコ
4310 DI 
5216 倉元
4745 東京個別指導学院(一部売却、損切り)
4573 アールテック
6866 日置電機(新規購入済み)
3194 キリン堂(新規購入済み)


Posted on 2015/05/19 Tue. 22:45 [edit]

コメント記入: 0
TB: --

top △

今月の資産推移 

今月の資産推移の発表日ですので、月別株資産推移に記載しました。先月に比し百万円以上も
減少してしまっております。これはひとえに7148 FPGの決算発表後の暴落によります。
いくら良い実績の銘柄でも買われ過ぎていたため、決算発表前から憶測により下落し始めて、
発表時にはさらに暴落という状況でしたので、今回のこの反省を踏まえ、決算前一週間で
窓開けて大きく下落するとか、10%以上も下落する場合には、決算が良くない、もしくは
期待以下であるという情報がどこかから漏れていると認識し、その場合には一旦売却する、という
方針を固めました。

そこで、私の保有株で同じような動きをこの2日間していた2162 NMSも明日の決算ですが、
このような下落をしている事実を重要と鑑み、本日売却致しました。この銘柄については、成長株と
見ておりますので、いずれ反発すると思いますが、上記のとおりで、一旦は退却です。

2162 NMS
2162 nms

保有株

7148 FPG
6648 かわでん
7408 ジャムコ
4310 DI 
5216 倉元
4745 東京個別指導学院
4573 アールテック(ストップ安前に購入してしまった失敗株, やはりバイオ株は怖い)

Posted on 2015/05/15 Fri. 00:34 [edit]

コメント記入: 2
TB: --

top △

株価と経常利益増加率との関連 

私の主要株の7148 FPGは本日も約5%下落しました。テクニカル的にはそろそろ反発しそうな
予感がしますが、こればかりは何とも言えません。

今回のFPGの株価の動きを分析して察した点としては、株価の伸長率と経常利益増加率との
関連にもっと注目すべきではないか、という点です。下記が7148 FPG, 6648 かわでん、
2162 日本mnsのそれぞれの5年間分の週足です。

FPGについては、2012年9月決算時の経常利益が1,392百万円で、2016年9月は四季報で
8,700百万円と予想されており、この増加率は約6倍。一方、この間の株価の伸長率は4月の
最高値1,545円で、これは2012年株価約110円の14倍であり、この段階で株価が上がり過ぎていた
のではないかという分析です。従い、その反動で現在下落しているのではということです。

7148 FPG 5年週足
7148 FPG


一方、別の保有株である6648 かわでんについては、本日も上昇しましたが、この株価と経常利益との
関連を見ると、2012年3月の経常利益278百万円、2016年3月四季報予想2,400百万円で、増加率
約8.5倍、一方株価は2012年3月950円、現在2,750円で、約3倍にしかすぎません。つまりまだまだ
上昇の余地、経常利益増加率からすると950円x8.5倍で8,075円まで見込んでも割高ではないのかも
しれません。同様の状況が、下記の2162 日本mnsです。今後はFPGはそのまま様子見とし、かわでん
と日本mnsを買い増し等実施していくことを検討していきます。

6648 かわでん 5年週足
6648 かわでん

2162 日本mns 5年週足
2162 日本mns




Posted on 2015/05/08 Fri. 00:58 [edit]

コメント記入: 1
TB: --

top △

7148 FPG 中間決算 

本日は私の主要保有株の7148 FPGの中間決算がありました。内容的にはすばらしいもので、
前回の上方修正値(3月9日発表)を約4%上回るQ2実績となっております。しかし、
上方修正という名目で決算発表しなかったため、本日の夜間PTS市場では失望売りに
晒されており、明日の市場での動きが気にかかります。

ただ、私が計算した上期の経常利益予想がほぼ会社発表の実績と同一であったことから、
私の予想計算は捨てたものではないと分かったことが一つの収穫です。この計算方法で
下期経常利益の現在の実績推移から判断すると、7月中旬には通期の上方修正を
会社側が発表するという日程になりそうです。まあ、それまでは一進一退を繰り返して
株価は動いて行くとおもいますが、テクニカルとファンダメンタルの両方がマッチして
いくことが私の成長株投資の条件なので、テクニカル面で今後下げが大きくなるような
場合には幾分か売却もしていくことになります。

7148 FPG Chart
7148 FPG

FPG 上期経常利益予想と実績
FPG 経利上期結果

FPG 下期経常利益推移
FPG 経利下期推移



Posted on 2015/05/01 Fri. 02:04 [edit]

コメント記入: 0
TB: --

top △

2015-05